よくある質問

土地家屋調査士と司法書士との違いは?

両者とも申請代理人として登記申請を行う国家資格者ですが、業務内容は当然異なっています。 「土地家屋調査士」は、建物の新増築や取り壊し,又,土地の一部を分割した際など行う登記(これらを「表示に関する登記」といいます)手続きを取り扱います。 つまり、建物の規模や土地の用途、広さなど測量をともなうものを、登記簿に反映させます。 一方,「司法書士」は土地や建物の売買や相続,又,抵当権を設定する際などに発生する登記(これらを「権利に関する登記」といいます)手続きを取り扱います。 つまり、第三者から知り得ないことを登記簿に反映させます。